スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -

<< 筋肉痛が・・・ | main | 沖縄問題はどうなるのか 前編 >>

公務員給与削減は正しくない

 さて。本日は何かと槍玉に上がる公務員給与の話題としましょう。
かねてから、公務員給与は公務員の質を担保するために維持乃至向上されるべきと述べてきているわけですが、今回はもう少し違った観点、つまり純マクロ経済の観点から見てみましょう。

例えば、民主党が現在公約に掲げている2割削減という数値を考えます。
現在国家公務員の人数は60万人余り(自衛官等含む)で、平均給与は約660万円と公表されています。ここから、現在国家公務員の給与には凡そ4兆円と計算されます。
2割削減となると、8000億円となりますが、民主党は9月に1兆円程度削減するとしているため、1兆円削減するものとします。なお、最近公務員給与が税収を上回っているから日本は破産するという笑止千万な話がありますが、公務員給与40兆円という額は地方公務員すべてを含む額であり、国と地方を合わせた税収は80兆円以上あるのでそんな状況には至っていないことを追記しておきます。

さて、ここで公務員給与1兆円削減するとどうなるでしょう。公務員も家計の一部ですから、その収入を削り込むということが現実の意味です。日本の貯蓄率は3%程度とされていますが、公務員世帯はそれなりに収入に余裕があるため、もう少し高めと推測されます。ここでは仮に、10%として試算します。
まず、統計によると給与総額に対する所得税率は5%前後のため、所得税の税収が5%分、つまり500億円ほど低下します。住民税は税率がその半分以下と思われるため、250億円の低下とします。
さらに、残った9250億円の90%が本来消費されるはずだった総額と言えるため、GDPの家計支出項目が8300億円以上削られてしまうという事実をもたらします。日本のGDPが500兆円程なので、GDPを0.15%以上引き下げるといえるでしょう。さらに、8300億円が消費されると、自動的に消費税がその5%、すなわち415億円分課税できるため、この分もさらに税収が減ってしまいます。このうち、国税が332億円、地方税が83億円です。また、国民一人当たり酒税額が2万円弱、国民一人当たり給与が200万円という統計データがある(それぞれ人口で単純に総額を除算した額)ため、国民は平均して給与の1%を酒税として収めていると計算され、100億円ほどのマイナスになります。同様に、タバコ税は平均して国税・地方税とも収入の1%ずつという統計があるため、それぞれ100億円ずつ減るでしょう。その他自動車関係等の税収入もある程度削減されると考えられるため、最終的には国税の税収が1100億円程度、地方税の税収が500億円程度減ることが予測されます。

さて、ここで元に立ち返って考えましょう。国家公務員の給与を1兆円削減する、という話がスタートラインでした。つまり、国の支出が1兆円削減されるということです。一方で、国の収入が1100億円削減されることが明らかになり、また国の政策により地方の税収も500億円程度減少するため、この分も地方交付税交付金などで補填する必要があるでしょう。つまり、差し引きで国家財政は8400億円程度しか改善しないことを意味します。
一方で、GDPは8300億円以上確実に低下します。また、公務員の平均給与引き下げだけでは2割削減は不可能なため、人員削減が行われるでしょう。すると、その分失業者が生まれることになります。民主党は1割程度の削減を打ち出しているため、前述の60万人から計算すると失業者が6万人増えることになります。仮に、この全てに生活保護や職業訓練、ハローワークのコスト等合計で平均月20万円程度のコストをかけるとした場合、120億円の支出が生まれることになります。

結局のところ、この不況時において国家公務員給与総額を無理に削減するということは、大きなデメリットを孕む問題だと理解せねばなりません。最初に述べたとおり、国家公務員の平均給与はその質とある程度リンクしていると考えられますから、平均給与1割削減(これも民主党の打ち出した値)するということはその分国家公務員の質が低下することもあるでしょう。そうなれば、当然更なるデメリットを生じるでしょう。そして、その結果得られる事実は国家支出が額面で1兆円減ったということに過ぎません。はたしてこうした政策に意味はあるのでしょうか。



↓気が向いたらクリック↓
 人気ブログランキングへ

時事 | 12:15 | comments(11) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | 12:15 | - | -

Comment
2009/11/18 8:19 PM, りるてぃ 
そこまでよく考えたね。

正直民主党はやっていることがよくわからない気がします。
2009/11/20 11:15 AM, つ(*゚ー゚) 
今の厚労相はNEC出身なんだとさ。
その影響でで年金機構のシステムがNECに発注されてる。
スパコンつぶしたのもそのせいかもね(NEC日立が抜けて富士通だけになってる)
2010/12/11 10:24 PM, きっと 
あなた
公務員か
公務員志望でしょ???
違ってたらすんまそん。
2010/12/13 12:25 PM, ぞえ◆3ShVDkc4vQ 
>きっとさん
残念ながら、この記事で扱っているような所謂「官僚」というものを志望はしていません。
まあ、この時代安定してるっていうんで一応受けるつもりではありますし、所謂官僚ではない公務員(自衛隊員や管制官とか)志望ではありますけど。
というか、可能性として政治の道を考えている以上、(国民が政治家に対し「民間企業での経験」とかを求めるバカさがあるので)官僚より民間企業に行きたいわけですよ。
2011/05/19 10:14 PM, 民間人 
製造業のサラリーマンです。
全国の公務員の給与削減=景気減退。 削減により全国の公務員世帯の購買力は下がり、物は売れなくなり、結果製造業の売り上げが下がり、製造業の会社の給料が下がる。悪循環もいいとこです。

国民は、民主党が無策をごまかすため、公務員の人件費削減に力をいれていることに、気が付くべき!!! こんな民主党は政権を返上すべき!!!

公務員の人件費削減反対を国民の世論にしましょう。そして製造業を上向かせ、税収のアップをはかり景気回復をめざしましょう!!!

この書き込みをみた方、いろんなところへ削減反対を書き込み、みんなの世論にしましょう!!!
2011/05/21 1:39 PM, 閉鎖社会日本の病的思考 
あなたの様に、全体を見通した考え方ができる国民がもう少し多ければ、日本の政治も違ったものになっているのでしょうね。結局官僚が全て面倒を見てきたツケが回ってきているともいえます。
日本の政治、政策力の貧弱さは、国民の「民度」の貧弱さ以外にありません。感情論でいじめる対象を探し回っている。いつかはそのいじめの先が自分に向かうとも気付かずに。
2011/05/28 1:08 AM, ぴろぴろ 
> GDPの家計支出項目が8300億円以上削られてしまうという事実

このフローは毎年借金をして捻出して生み出されているのではないですか?

フロー(GDP)も重要ですがストックも重要だと思います。

毎年ストックを減らしてフローを生み出してるのが現状だと思います。貯金のおかげでストックの帳尻は国内であわせることができているようですが、そんなには長続きしないと思います。
2011/05/31 1:09 PM, ぞえ◆3ShVDkc4vQ 
>ぴろぴろさん
ストックは「政府」という一主体ではなく、国内全体で見るべきものです。
ところで政府が借金、即ち国債を発行することで財源を捻出した場合、その9割5分は国内で消化されます。
国債が国内で消化されるということは、国家全体のバランスシートを考えれば政府の負債として計上された国債の9割5分が民間の資産としてその逆側に計上されるということに他なりません。
結局、海外に流れている残りの5%の分以上の額が国際収支で回収出来る状態であれば、ストック上でもマイナスになることはありません。
勿論、我が国は世界最大の国際収支黒字国家ですので、発行国債の5%が国外に流れたとしてもそれ以上に海外に対して毎年多額の債権を得ています。
2011/07/01 11:44 PM, 通りすがり 
全部読んでないですが
公務員の給与を減らしたぶん税金を
軽くすれば消費は増えませんかね?
たしかに公務員世帯の購買力は落ちますが公務員の給与を減らしたぶん、
企業の法人税をさげるとかして
企業の海外進出をおさえ、民間の
購買力を高めるほうが大事じゃないかと思ってます。

あとまあ民主の人員削減ってのは
私も反対で一人当たりの
給与を減らすべきです。
人員削減ってのは自分の給与を減らしたくない人間の言い分です。
それで末端の人間を切る。
首になれば就職するまで無収入です。
また雇用枠が減ってるので公務員に
限らず民間も一人当たりの給与を減らすかわりにたくさんの人間の雇用を
確保を守りひとりひとりの人間が
将来にわたり給料がもらえ続けるとい安心感をもたせることがしっかり
消費を生む材料にもなると思います。

いつ辞めさせられるかわかない
という今の社会は安心してお金を
使えない心理を生んでるじゃないでしょうかね?
2011/07/12 11:39 AM, ぞえ◆3ShVDkc4vQ 
>通りすがりさん
企業の海外流出は法人税云々より、産業構造と人件費の問題による部分が大きいわけで…。
後は為替の問題、貿易収支の問題もありますけどね。
法人税を下げたところで必ずしも民間の購買力が上がる訳ではないんです。
企業が投資をしなければ新たな需要が生まれないという簡単な話ですから。

ワークシェアリング的な発想もありではあるんですが、結局可処分所得の減少は消費の冷え込みですからねぇ…。
2017/11/08 8:30 PM, 通りすかり 
税金あげる前に公務員の給料削減するのが筋だろ
Add a comment









Trackback